スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産ダイジェスト

00950001.jpg

↑まめ蔵、生まれたての弟との初対面の瞬間です^^

遅くなりましたが、
今回の計画&無痛分娩の様子を残しておきたいと思います。

07時30分 自宅を出発

09時00分 内診

09時15分 子宮口3cm大でバルーン挿入

10時15分 バルーン抜ける。
       子宮口4~5cm大
       誘発剤1回目

11時15分 腰がずっしりと重く、たまにキューっとお腹が痛くなる。
       誘発剤2回目

11時30分 ジワジワとおしりを押される感じがしてきて、
       たまに強いお腹の痛みがあるが、まだ笑顔。
       お裾の処理をし、浣腸初体験したところで、
       分娩台にあがり、先生が破水させたらじわりじわりと陣痛がついてきた

12時00分 脂汗が出るような痛みが2~3回あり、陣痛間隔が2~3分、
       子宮口5~6cmになってきたところで
       麻酔準備→麻酔開始。

12時20分 麻酔が効き始める(腰から下がもわ~んとする感じ)
       と同時に、今までの痛みが全くなくなる。
       妊婦じゃなく、ただの人って感じ(笑)

--------------------------------------------------------------------------------

経産婦なら麻酔開始から30分~1時間で生まれると聞いていたが、
ここからが長かった。
麻酔が効き始めてからは、さっきの脂汗がぴったり止まり、
眠くなってきてしまった。
本当にこれがお産なの!?という驚きの事実と、
こんなに楽チンな陣痛タイムで普通分娩する人に対して
申し訳ないという気持ちが入り乱れる不思議な気分。
分娩室内には嵐の曲が流れ、超ノリノリモードのお気楽さ(笑)

---------------------------------------------------------------------------------

14時00分 子宮口8㎝くらいで麻酔が切れ始めたので、2回目の麻酔液を注入。

14時20分 麻酔が効き始める

14時50分 赤ちゃんの心拍が弱まり、大きく息を吸ってはいてを繰り返す。

15時00分 いよいよ出産。
       産道が狭く、回旋異常、赤ちゃんの頭囲大、ということで
       吸引&クリステレル法でやっと生まれる。

18時00分 麻酔が切れるまで分娩台の上で過ごした後、陣痛室に戻り夕食。

20時00分 自力で尿が出ない為、再び分娩台に上がり管を入れて尿を出す。

21時00分 縫ったところが痛くて動けないが、なんとか部屋に移動し就寝。

夜中・・・  縫ったところと後陣痛がつらく、本陣痛よりも苦しんだ一夜を過ごした。

***
     
午後の診察開始前の14時50分頃 子宮口9.5~9.8cm大。
まだもう少し時間がかかりそうだから、先に隣の患者さんの手術をやるよと言ったそばから
赤ちゃんの心拍が下がり始め、産道に降りてきたため、そのままお産に。

思ったよりも産道が狭く、そして想定外のビッグベビー。
産道をなかなか降りて来られず、吸引とお腹押しのダブルを5~6回連続でやって
先生たちがやっとの思いで出産させてくれました。

お産の途中で、先生は、いや~これは難産だ。
経産婦でこれだけ難産ってすごい。初産も大変だったんじゃない!?
と何度も何度も同じ事を言っていました。

私も今回ばかりは緊急帝王切開になるかとヒヤヒヤしましたが、
最後の最後に出てきてくれて本当に良かった。

赤ちゃんは生まれてすく、私のお腹の上に乗せられて処置されていたのですが、
(こんな間近で見れたのは初めて!)
全身真っ青、口やら鼻やらにチューブを入れて、羊水を吸引して
やっと産声をあげました。

先生は助産師さんに、何やら大丈夫だよね?大丈夫だよね?と
何度も確認してたんだけど、たぶん呼吸の具合のことかな?

そんなこんなで、私からこの子への第一声は、
「苦しかったねー。よく頑張ったねー。」でした。

第2子にして初めての無痛体験。
ひとり目が普通分娩で難産だったので、
とにかく痛い思い出しかなかったこともあり、
今回は誰が何と言おうと無痛!と決めて挑んだわけですが、

その甲斐あって、今回は初めておしりを押されていきみたくなる感じというのが経験できたり、
赤ちゃんの頭が出たら、あとはスルっとの感覚も味わえたし、
結果、慌しいお産になってしまったけど、
痛みはないので(でも苦しい感じはある)
終始冷静に対応できたことが嬉しくて、楽しく、
本当に素晴らしいお産になったなーというのが実感です。

切迫早産で長期入院したお陰で、掃除のおばちゃん達をはじめ、助産師さん、
赤ちゃん担当の看護師さんたち、院内のスタッフ全員と顔見を知りになれたので、
お産のときも、産後の入院のときも、みなさんに温かい声をかけてもらえたのが
嬉しかったです。

無痛分娩バンザイ!!
絶対オススメです^^

〈おまけ〉

IMG_0743.jpg

同じ週に生まれたベビーたち^^
沐浴が終わり、ママ待ちの様子です♪

Trackback

Trackback URL
http://moguri33.blog53.fc2.com/tb.php/1130-bb66bea7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

moguri

Author:moguri
*私(moguri/もぐり)
 北海道在住
*長男(まめ蔵)6才
*次男(まめ太)3才

*2人の息子と家族の記録です♪
 どうぞよろしくお願いします^^

カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新記事
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。